驚きのグレートカンパニー視察セミナーお申込みはこちら

close

株式会社船井総合研究所

生産性と個人の幸福追求を両立した最先端国家とグレートカンパニーに学ぶ!!

  • スウェーデン・エストニア・フィンランドが熱い!「驚き」のグレートカンパニー視察セミナー

 
視察セミナーへのエントリーはこちら
生産性と個人の幸福追求を両立した最先端国家とグレートカンパニーに学ぶ

一番企業経営者が世界のグレートカンパニー視察に赴くべき理由!

理由その1 自己変革を起こすほどの驚き・刺激が得られる!
理由その2 世界最先端をいくモデル企業の幹部と直接意見の交換ができる!
理由その3 仲間と共に視察に赴くことで、新たな発見・アイデアが生まれる!
理由その4 日々のルーチンワークから解放され、社長も社員も強くなる!
理由その5 業種を超えた一生モノの仲間=同志と出会える!

年間数十回の企業視察を手掛ける船井総研の中でも最高峰の視察。
それが「驚きのグレートカンパニー視察セミナー」です。
船井総研の企業視察のエキスパートたちが、経営者の皆様に、未来を知り、ビジョンを高めていただくために、今、訪れるべき企業・組織を世界中から厳選。グレートカンパニーアワード受賞企業をはじめとする全国トップクラスの経営者様がこぞって参加する一大イベントです。

開催年 視察エリア テーマ 主要視察先企業
2013年 ミュンヘン
ヴィネンデン
ドイツ企業の持続性と隠れた世界一企業の競争力の秘密を探る ・KARCHER
・BMW
・juwi Holding 他
2014年 ニューヨーク
ボストン
アメリカ東海岸の伝統企業・最先端企業に学ぶ働き甲斐のある会社 ・Teach for America
・Atlantic Health System
・Harvard University 他
2015年 シカゴ・ダラス 消費者から愛されるブランディング
世界を驚かすイノベーション
・Harley-Davidson
・UBER
・SQ1 他
2016年 シアトル
サンフランシスコ
アメリカ西海岸の働き甲斐のある会社の高生産性イノベーション・商品力 ・Boeing
・Starbacks Coffee
・Google 他

2017年の視察セミナーは更にパワーアップ

Point1 北欧の先進企業から徹底的に学ぶ抜群のセミナー内容!
  •  世界のグレートカンパニーの取り組みの全容がわかる!
  •  業界に精通した船井総研講師による解説・セミナー随時開催!
  •  訪問各社の概要と見所をまとめたテキストをご用意!
Point2 安心・安全・快適の視察を約束するセミナー体制!
  •  4つ星評価以上のエアライン、高級ホテルの利用を約束!
  •  大手旅行会社の海外視察専門部署と共同運営!
  •  充実の視察を支えるセミナー運営人員体制!
Point3 体験をさらに深める、ほかにはないセミナー参加メンバー!
  •  グレートカンパニーアワード受賞企業様も数多く参加!
  •  船井総研を代表する看板コンサルタントが一堂に参加!
  •  分科会設定により、お客様のニーズに直結した視察を実現!

本視察セミナーは、一発逆転の即使えるテクニックを学ぶ視察セミナーではありません。

本視察セミナーは、時間一杯まで視察と講座の続く勉強好きのための視察セミナーです。

本視察セミナーは、情報共有や懇親会を通じて多くの交流の場が設けられる視察セミナーです。


 
視察セミナーへのエントリーはこちら
コースご案内 総合コースでは、スウェーデン国内の世界企業を中心に、幅広い業種の視察を通じて生産性と個人の幸福追求について学び、
士業・フィンテックコースでは、世界最先端の電子政府化に成功しているエストニアでの視察を中心に、士業事務所の未来を見据えます。
年連続キャンセル待ち! 驚きのグレートカンパニー視察セミナー

本視察セミナーで訪れるスウェーデン&エストニア&フィンランドの見どころ!

スウェーデン王国

スウェーデンでの視察予定先

IKEA、VOLVO、H&M、SAMHAL、Spotify

※視察先は現地事情等により変更される可能性があります。

1960年代に出生率が1.6人代まで落ち込んだスウェーデンでは、 世界に先んじて社会保障制度の見直し等の少子化対策に取り組み、 1990年代前半には出生率が2人代に回復。多くの先進国のモデルケースとなっています。
また、少ない人口で高生産性を実現するために、徹底的な電子化に取り組み、現在では世界トップクラスのIT大国となっている。
さらに、女性活用・障碍者雇用・多国籍化など多様な人材活用が進み、働き方の多様性を実現。
国連が発表する世界幸福度ランキングでも毎年上位に名を連ねるこの国の企業視察を通じて、 生産性と個人の幸福追求の両立について学びます。

The Good Country Index(2016年版 世界のいい国指数)
  Overall
(総合)
Science
&
Technology
(学術)
Culture
(文化)
International
Peace
&
Security
(平和活動)
World Order
(難民支援)
Planet
&
Climate
(環境保護)
Prosperity
&
Equality
(平等)
Health
&
Wellbeing
(健康)
1 スウェーデン 8th 3rd 52nd 11th 7th 1st 1st
2 デンマーク 4th 2nd 49th 3rd 19th 3rd 6th
3 オランダ 15th 5th 42nd 4th 15th 10th 10th
4 イギリス 1st 11th 64th 14th 22nd 5th 2nd
5 スイス 10th 31st 61st 10th 3rd 2nd 5th
19 日本 50th 40th 22nd 38th 18th 60th 16th
※The Good Country Indexは、イギリス人政策アドバイザーSimon Anholt氏によって考案された概念で、対象国の学術、文化、平和運動、難民、環境保護、平等さ、健康など様々な項目を得点化している。 この調査の特徴としては、その国がどうかという国単体を対象としているのではなく、その国が人類にどんな貢献をしているかという観点から評価している点である。

■参照元
Global Innovation Index 2016:
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2016/article_0008.html
The Good Country Index:
https://goodcountry.org/index/overall-rankings
スウェーデンの各都市に散らばる世界企業

エストニア共和国

エストニアでの視察予定先

e-Estonia Showroom、Transfer Wise 、Funderbeam

※視察先は現地事情等により変更される可能性があります。

日本でも昨年1月にマイナンバー制度が施行されたが、マイナンバーの活用について世界最先端を走るのがバルト海沿岸の小国エストニア。
人口約135万人の同国では、15歳以上の全ての国民にマイナンバーカードが発行され、市民生活の至るところまでオンライン化が浸透していますさらに、国境を越えて外国人がエストニア国民IDを取得することも可能で、国外からオンラインを通じて会社設立の手続きや税務申告をすることも可能となっています。
政府と国民がビジョンを共有し、電子政府化に成功しているエストニアから、日本におけるマイナンバー制度の本質的課題は何なのか、 またその中で士業事務所は今後どのように変化していかなければならないのかを考えます。

エストニアで運用されるマイナンバー制度の全体像
スウェーデンの各都市に散らばる世界企業
「X-Road」の概念図。中心にシステム間連携基盤X-Roadがあり、
多数の政府システムのデータベースが相互連携するように設計されている。
(資料:エストニア電子政府の公式サイト: https://e-estonia.comより引用、船井総合研究所編集 )

フィンランド共和国

フィンランドでの視察予定先

FONDIA、Merita Bank

※視察先は現地事情等により変更される可能性があります。

1990年代初頭に深刻な経済不振に陥ったフィンランドでは、官民上げての産業構造改革に取り組んだ結果、世界有数のIT先進国へと躍進しました。そんなフィンランドで今、新興のITベンチャーが続々と誕生しています。
その契機となったのが、ピーク時にはGDP全体の4%を占めていた携帯電話メーカー「NOKIA」の低迷。スマートフォン革命に乗り遅れ、2013年にマイクロソフトに買収されました。
そんな中、フィンランド政府は産業の新陳代謝を進めるべく、国を挙げて新興企業を支援。企業の研究開発に対する資金援助予算5.5億ユーロのうち約25%が有望な新興企業に割り当てられています。
その結果、ITベンチャーの集積地として再び輝きを増しているフィンランドから、国を挙げた産業の新陳代謝と起業環境について考えます。

特別取材!私が世界のグレートカンパニー視察で学んだこと

「知識に過ぎなかった考え方がはっきりと腹に落ちた」

株式会社 EXPAND  代表取締役 坂口 充男 様

海外の一番企業の視察を通じて、知識に過ぎなかった『社員満足度を高めることの重要性』や『自社の歴史を伝えることの大切さ』がはっきりと腹に落ちた。また、常々感じていた課題や問題意識に関しても、先輩企業の経営者との交流を通じて実感を持ったヒントを得ることができた。

株式会社 EXPAND(整骨院/徳島県板野郡)
開業10年で鍼灸整骨院5店舗を運営。同業他社からの視察依頼が絶えない徳島県トップクラスの整骨院グループ。

「世界企業の取り組みから、自分達のチャレンジが
  間違っていないと確信を持てた。」

株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫 義人 様

視察の中で強くシンパシーを感じたのがIDEO。社員のクリエイティビティを発揮させることや会社のカルチャーを重視する同社の考え方は、国内ではユニークと言われる自分達と同じ方向性を目指すものでした。そうした事例を目の当たりにし、自分達の考え方は間違っていないのだと、改めて自信を深めることができた。

株式会社ソニックガーデン(ソフトウェア開発/東京都世田谷区)
顧客にも社員にもベストな環境を構築。「納品しない、出社しない、管理しない」 IT企業として、グレートカンパニーアワード2016 ユニークビジネスモデル賞を受賞。
 
視察セミナーへのエントリーはこちら
コースご案内 総合コースでは、スウェーデン国内の世界企業を中心に、幅広い業種の視察を通じて生産性と個人の幸福追求について学び、
士業・フィンテックコースでは、世界最先端の電子政府化に成功しているエストニアでの視察を中心に、士業事務所の未来を見据えます。

驚きのグレートカンパニー視察セミナー豪華講師陣

私たちが、メイン講師としてご案内します!
  • 船井総合研究所が誇るプロフェッショナルがお客様に最適のご提案をいたします。
  • どうぞお気軽にご相談・ご連絡くださいませ。
  • その他、船井総研コンサルタントも講師として参加予定!


驚きのグレートカンパニー視察セミナー ツアー概要

日時・会場

ご旅行期間

両コース共通:2017年21日(日)東京(成田)発~28日(日)東京(成田)着<8日間>

添乗員

全行程、添乗員が同行します。

食事条件

参加費用と別途
(オススメのレストラン等ご紹介します。懇親会以外は夕食は、自由行動。) ※ 朝食6回についてはツアー費用に含まれます。


日本発着時

利用航空会社:フィンランド航空AY(エコノミークラス)

※日程表記載の交通機関や時刻は変更になる場合がございます。
※上記スケジュールは視察先の事情等により変更になる場合がございます。
※企業視察の内容については、船井総研の企画となります。
※お食事がない場合、各自でお願いしております。(船井総研で段取りさせていただく場合もございますが、料金別途となります)
※シングル希望、ビジネスクラス希望の場合は別途追加料金が発生します。

参加料金

会員企業様

800,000 / 一名様

一般企業様

1,000,000 / 一名様


燃油サーチャージ(総合コース:¥8,500、士業・フィンテックコース:¥4,800)が別途必要になります。
また、海外空港諸税(総合コース:¥4,030、士業・フィンテックコース:¥3,420)、成田空港施設使用料(¥2,040)および旅客保安サービス料(¥520)が別途必要になります。
※2017年1月現在。航空会社及び空港都合により変動する可能性がございます。
※会員企業様とは、フナイトップリーダークラブやFUNAI メンバーズ Plus(無料お試し期間を除く)など、船井総研主催の各種勉強会にご入会中の企業様を指します。

ツアースケジュール

【 驚きのグレートカンパニー視察セミナー2017春 日程表 】
日次 月日 総合コース 士業・フィンテックコース
都市名 現地時間 交通機関 内容 都市名 現地時間 交通機関 内容
1 5/21(日) 東京(成田)
ヘルシンキ着
ヘルシンキ着
ストックホルム着
11:00
15:20
16:50
17:00
AY074
AY637
 
 
空路、ヘルシンキへ到着後、各自乗り継ぎ
空路、ストックホルムへ到着後、ホテルへ 【ストックホルム泊】
2 5/22(月) ストックホルム滞在   専用バス 終日、ストックホルム近郊視察 【ストックホルム泊】
3 5/23(火) ストックホルム出発   専用バス 半日、ストックホルム近郊視察
【スウェーデン国内都市泊】
ストックホルム発
タリン着
午後 飛行機 空路、タリンへ
到着後、タリン視察
4 5/24(水) スウェーデン国内都市滞在   専用バス
または
飛行機
ベクショー到着後、視察
【スウェーデン国内都市泊】
      終日、タリン視察
【タリン泊】
5 5/25(木) スウェーデン国内都市滞在   専用バス
または
飛行機
エルムフルト到着後、視察
【スウェーデン国内都市泊】
タリン滞在     終日、タリン視察
【タリン泊】
6 5/26(金) ヨーテボリ発
ヘルシンキ着
13:00
15:25
AY676
 
ヘルシンキ到着後、視察
【ヘルシンキ泊】
タリン発
ヘルシンキ着
午前 フェリー ヘルシンキ到着後、視察
【ヘルシンキ泊】
7 5/27(土) ヘルシンキ発 17:15 AY073 ヘルシンキ終日
まとめセミナー
8 5/28(日) 東京(成田)着 8:55   空港到着
税関後、解散
※5/21(日)、5/22(月)、5/27(土)、5/28(日)は総合コース、士業・フィンテックコースともに行程は同様となります。
※フライトは一例です。混雑状況により航空会社ごとの人数配分や乗継地の変更をご相談させていただく場合がございます。
 
視察セミナーへのエントリーはこちら
コースご案内 総合コースでは、スウェーデン国内の世界企業を中心に、幅広い業種の視察を通じて生産性と個人の幸福追求について学び、
士業・フィンテックコースでは、世界最先端の電子政府化に成功しているエストニアでの視察を中心に、士業事務所の未来を見据えます。